News

必要とされるものを、欲しい物に変える企業

e-シリーズ ORIMEシリーズ

aiyuのこれまで

aiyuの前身は、現社長の祖父、小柳吉蔵により波佐見町皿山郷にて創業した窯元・小吉製陶所です。
その後、小吉陶苑を開業。製造と販売を一貫して手がけるようになります。

2代目小柳勇吉他のデザインによる昭和の食卓を代表する『若竹シリーズ』で一世を風靡。最近オンエアされた海外を訪ねるテレビ番組の中で若竹シリーズが映っていた、ということも。昭和57年に閉窯するまで、多くのヒットシリーズを生みだしました。

昭和59年、現社長小柳吉喜により陶磁器卸小売業有限会社アイユーを設立。まもなくオリジナル商品のデザイン開発をスタートさせました。波佐見焼をセレクトして紹介する一方で、使い手目線のオリジナル商品開発・デザイン開発に取り組み続けています。

明治30年から、現在まで。波佐見町皿山郷に根を張って営んでいます。

皿山について

aiyuのある波佐見町皿山郷は、波佐見町のなかでも古くから窯業が盛んだったエリアです。

町全体で行なう陶器市の他に、皿山郷の商社や窯元が独自に開催する年末の恒例行事「皿山器替えまつり」や、夏には皿山人形浄瑠璃(県指定無形民俗文化財)の上演会を開催しています。

ロゴデザインにとりいれた「皿山」の二文字。
これからもaiyuは皿山から波佐見焼を発信していきます。

波佐見の歴史

  • 長崎県無形民俗文化財指定皿山人形浄瑠璃長崎県無形民俗文化財指定
    皿山人形浄瑠璃
  • 町有形文化財指定大神宮の石造神殿町有形文化財指定
    大神宮の石造神殿
  • 皿山の窯を守った恩人福田安兵衛の碑皿山の窯を守った恩人
    福田安兵衛の碑
  • 皿山を取り入れたロゴマーク皿山を取り入れたロゴマーク