News

motteのイメージ motteのイメージ

motte

持ちやすい。食べやすい。だから、おいしい。

手が小さい子どもたち。握力が弱くなってきた高齢者。障害を持つ人。
みんなが食事をおいしく楽しめるように器ができることとはー。

それは、とことん持ちやすく、使いやすく、食べやすくあることでした。
長年、やさしい目線でのプロダクト開発に取り組んできた3人が
チームとなってつくりだしたmotteシリーズ。

手に持った瞬間に、motteに込められた思いが伝わります。

わたしたちが、つくりました。

  • 小柳勇司

    aiyuブランドマネージャー 小柳 勇司

    器の企画販売を手がける長崎県波佐見町皿山の商社。生活シーンに基づくやさしい目線での商品、日々のテーブルを楽しめるアイテムにこだわり、テーブルコーディネートとともに提案する。人間工学をベースに開発したe-シリーズは、aiyuを代表するヒットシリーズ。

    http://aiyu-hasami.com

  • 五島史士

    プロダクトデザイナー 五島 史士

    長崎県出身。家具や生活小物などプロダクトデザインを中心として、それに関わるグラフィック・パッケージデザイン、デザインコンサルティング、商品・企画プロデュース等も行う。代表的プロジェクトに『五八PRODUCTS』『224porcelain』等。

    www.f-gotodesign.com/

  • 山﨑一雄

    (株)シーズ代表取締役 山﨑 一雄

    日本における障害者用オーダーメイド家具製作の草分けである「でく工房」創業メンバーの一人である光野有次氏との出会いがきっかけとなり、福祉のものづくりの世界へ。障害者用のオーダーメイド製品、チャイルドシートや、高齢者向けの椅子、誰もが使いやすいプロダクトの開発などに取り組んでいる。

    http://www.lt.sakura.ne.jp/~seeds/

完成インタビューnote

1年をかけてやっとお披露目になったmotteシリーズ。
たくさんの議論とテストを経て完成しました。それぞれの想いを、ご覧ください。

motteのイメージ motteのイメージ
UNIVARSAL?

013人で回答しましたユニバーサルって?
使いやすさって?

  • 小柳勇司

    ボーダレスであることです。
    使い手を決めたくないと思いました。

  • 五島史士

    ユニバーサルデザインというと「全ての人のためのデザイン」という人にフォーカスした意味に使われることが多いですが、時間や場所、シチュエーションや環境なども含めた、もう少し広い意味で「いつでも、どこでも、だれでも、どんな風にも使える」ということかな、と考えていました。もう一つ、「いつまでも」という流行に左右されないということも大切にしたいとおもいました。

  • 山﨑一雄

    スプーンやフォークを使うのが苦手でも、ちゃんと食材をすくうことができ、口に持っていける器です。1回に口に持っていける量やその順序、口に運ぶリズムなども、楽しく快適な食事をするうえでは、とても大事なことだと思っています。

小柳勇司

02完成までを振り返って。

使いやすさという点でaiyuの製品を選ぶとすれば、e-シリーズです。
ただ、e-シリーズは、利便性や機能性を追求してつくられていました。

五島さんのプロダクトデザイナーとしてのデザイン力と、
山﨑さんの福祉現場での実際の声を汲んだ助言で、
motteを「人に近いところで寄り添えるシリーズ」とすることができました。

難しかった点は、日常的観点と福祉的観点の間で
使われる食器であって欲しいという願いから
両側面で考えうるケースを想定しなければならなかったことです。

山﨑一雄

03福祉のものづくりのプロとして、
器に求めることは?

私はアドバイザー的な役割をつとめました。

掬いやすいこと。
適度な重みがあり低重心で倒れないこと。
テーブルと適度な摩擦があること。
テーブルに置いたままでも使えること。
熱くないこと。スタックできること。

どれも、障害がある人や高齢者にかぎらず、
どなたにとっても使いやすいポイントだと思います。

五島史士

04デザインのこだわりは?

ユニバーサルというと、どうしても特別感のあるバリアフリーのデザインのものになりがちです。motteは、ユニバーサルであるけれど今の自分の生活の中でも違和感なく使えることを前提に設計しました。

良くも悪くも、ユニバーサルであることが分かりにくい普通のデザインではありますが、だからこそ、子どもからお年寄りまで、女性も男性も、ハンディキャップのある人、無い人、手の大きな人、小さな人、いろいろな人が違和感なく同じテーブルで使ってもらえる食器になっているのではないかと思います。波佐見という日用食器の産地らしい、日常で使えるものになりました。

小柳勇司

05どんな方におすすめ?

みなさんです!ユニバーサルというと、どうしても高齢者やハンデを負った方の物と位置付けされてしまうところがありがちだと思うのですが、そうではなく、家族みんなで使っていただける商品となって欲しいと思います。

元々は、マグカップ・スープカップ・プレート・オーバルボウルの
4アイテムで構成を考えていましたが、
そこに子供用のマグカップとプレートも付け加えて再構成しました。

motteのイメージ motteのイメージ motteのイメージ

3人で回答しました!motteのココが良い!

  • 小柳勇司

    色や形状などの表面的な部分はもちろんですが、
    使用していくうちに使い手に馴染む感じが魅力だと思います。
    “なじみ”を楽しんでいただきたいです。

  • 山﨑一雄

    使いやすさ、扱いやすさだけの機能本位主義ではなく、
    食器らしい風合いや美しさがあるところ。
    障害ゆえの多様な食事形態にも適合できる範囲が広く、
    とても使いやすいシリーズだと思います。

  • 五島史士

    買ってすぐに生活にスッと入り込める「普通」の食器でありながら、その背景には蓄積されたデータをもとにデザインされている、というところではないでしょうか。また、優しさだけではなく凛とした緊張感も併せ持っている、これまでのユニバーサルの食器にはない雰囲気もポイントです。

3人の想い、最後までお読みいただきありがとうございました。
でも、やっぱり、「百聞」よりも「一見」。ぜひ実物をご覧いただき、「持って」くださいね。
motteに込められた想いが、その手から伝わるはずです。

motteのイメージ

ラインナップ

オンラインショップでのご購入はまだ行っておりません。
発売の際は、当サイトブログにて改めてご案内致します。

  • FOR ADULT
    マグカップ(L)

    マグカップ(L)

    口径8.5×11.8×7.6cm

  • FOR ADULT
    スープマグ

    スープマグ

    口径11×14.5×6cm

  • FOR ADULT
    プレート(L)

    プレート(L)

    22.6×3.8cm

  • FOR ADULT
    オーバルボウル

    オーバルボウル

    26×15.5×4.8cm

  • FOR KIDS
    マグカップ(S)

    マグカップ(S)

    口径7.5×13×6.7cm

  • FOR KIDS
    プレート(S)

    プレート(S)

    16.2×3.6cm

motteシリーズにご興味のある企業様・取扱店様は、
生産体制が整い次第ご連絡させていただくことも可能です。

ご希望の際は下記よりお問い合わせください。